精進料理とは

精進料理の基礎を築いたのは道元禅師といわれています。總持寺では修行僧が料理を作ります。
坐禅や作務(掃除)と同じように、料理を作ることも、食べることも仏道修行のひとつとされているからです。
地球上のありとあらゆるものに命があり、植物にも命があります。
ですから、感謝の心を持って、その「命をいただく」ことを意識しながら料理をし、食べて頂きたいと思います。

一般的に精進料理とは、肉や魚を使わずに、野菜や果物や海草などを用いてつくられた料理を指します。